ページタイトル

職員紹介

人と人との繋がりが社会を育み笑顔にします。

〜The connection between people nurtures societyand makes it smile.〜

日々、よりよいサービスを考え、実践していく 
利用者やそのご家族に寄り添っていきたい

特別養護老人ホーム白島荘 
介護職員

小松 龍ノ介

関西福祉科学大学 卒業 ⇒ 令和5年4月1日 入職

入職を決めた理由

大学での就職活動の際に事業団の説明会に参加し、そこで福利厚生が充実しているところや職場内でのステップアップの道筋がしっかりとしているところ、他の施設との交流の機会があることで多くの人との交流の機会があるところなどに惹かれました。また、施設見学を行った際にご利用者様と職員共に楽しく過ごされている穏やかな環境でしたので、自分もそのような場を提供できる事業団の職員になれればなと思い、入職を決めました。

担当している仕事について

基本的には、ご利用者様の日々の生活の中で、できないところを支援し、ご利用者様が自分らしく生活することができるよう支えていく事です。その他にも日々のケアの中で情報収集をし、ユニットの職員間で話し合い、今後どのようなケアを行うのが適切なのかを考え、その時の状態に合ったケアを考え続けています。

働いて感じるやりがい

日々のケアの中で「あなたに頼んで良かった」などの言葉をご利用者様からいただくことです。自分で考え、行動した結果としてこの言葉をいただくと「自分の行ったケアは正しかったんだ」と思ったり、その方との信頼関係築くことができていると捉えることもできるからです。また、ユニットの職員だけでなく、看護職員や機能訓練士など多職種との連携を行いケアを行って行く中でご利用者様が以前よりも元気になっていく姿を見ることにもやりがいを感じています。

事業団にこれから期待すること

若い世代が福祉に興味を持ってもらえるような法人になればいいなと思っています。介護は直接、ご利用者様から感謝の言葉を多く受け取ることができる仕事でもあるため、そのような魅力を発信してしていく事ができれば介護業界の人材不足なども多少なりとも解消されていくのではないかと思います。

将来について

将来的にはリーダー、主任と昇格していく事ができればと思っています。そのためにも介護に対する知識・技術の向上を目指し仕事に向き合っていこうと考えています。また、自分だけ向上させていくのではなく、得た知識・技術を周囲の人にも伝え全体的な介護の質の向上を図っていく事ができるような人材になりたいです。

趣味・特技・子供の頃の夢

甘いものが好きなので、休日はクッキーやチョコケーキなどのお菓子作りをしています。時間があるときはSNSで調べたカフェに行ったりもして極力自分のしたいことを存分に楽しんで休日を過ごしています。お菓子を作るのが好きなのでいつかレクリエーションでご利用者様と一緒にお菓子をつくれたらいいなと考えています。

一日のスケジュール (一例)

13:15

出勤・申し送り・入浴準備

14:00

入浴介助

15:00

休憩(45分)

15:45

離床介助・おやつ提供

16:30

送迎

17:30

夕食の盛り付け・配膳

18:00

フロアの業務の確認や明日の確認等を行い退勤

19:00

フロアの業務の確認や明日の確認等を行い退勤

21:00

フロアの業務の確認や明日の確認等を行い退勤

22:00

夜勤者に申し送り・退勤